皆様、改めて新年明けましておめでとうございます。

2015年の新たな勢いで…

ベクトルが提供するWordPress公式プラグインが一つ増えてきました!

こんな事を思った事はないですか?

  • 固定ページを新規追加や更新して、その告知をトップページのお知らせ一覧などに掲載する場合、お知らせの詳細ページではなく更新したページに直接リンクさせたい。
  • トップページのお知らせ一覧からPDFファイルに直接リンクさせたい。
  • トップページのお知らせ一覧から外部サイトにリンクさせたい。

そんな時に役立つのが「VK Link Target Controller」です!

VK Link Target Controllerでこんなことができます!

「VK Link Target Controller」とはWordPress用の無料プラグインで、新着情報一覧などのリストで、タイトルのリンクをクリックした際に詳細ページにリンクするのではなく、特定のページや外部のページにリンク出来るようになります。

例えば以下のようになります。

  1. 管理画面で投稿者が投稿の設定を行い、投稿を公開します。
  2. お知らせリストからユーザーがその投稿のタイトルをクリックすると
  3. 投稿者が指定したリンク先へ飛びます。

詳細ページを書く必要もなく、見てもらいたいコンテンツへユーザーを直接導くことができていてとても便利です!

VK Link Target Controllerを無料でダウンロードできるWordPress.orgのページはこちらです。
https://wordpress.org/plugins/vk-link-target-controller/(英語)

プラグインの使い方

英語が苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、主な情報をこちらでおまとめしてみました。

まずはVK Link Target Controllerの機能です。

  • 日本語URL対応
  • カスタム投稿タイプ対応
  • 内部リンクも外部リンクもOK
    ※テーマによっては外部サイトにリンクできない場合があります。
  • 別ウィンドウで開く機能付き
  • 直アクセス防止のリダイレクト適用

そして使い方について少し紹介したいと思います。

プラグインをインストールし有効化にしてから対象投稿タイプを選択する必要があります。
管理画面の設定ページから自由に選べます。

設定メニュー内のVK Link Target Controller

設定メニューからVK Link Target Controllerの設定ページにつきます

VK Link Controller専用設定ページ

設定ページで対象の投稿タイプを選びます(※カスタム投稿タイプ対応)

投稿タイプを選択すると対象の投稿編集画面でリダイレクト用のURLを入力できるようになります。
外部リンクと内部リンクを入れた例の画像を下に貼りますので、ぜひご参考になさってください。

外部リンクを入れたい場合

「http://bizvektor.com/」と外部サイトへ飛びます

内部リンクを入れたい場合

ページへ別ウィンドウで内部リンクを開きます(※URLの最初に「/」を入れることが大事)

希望の移動先を入力できましたら、投稿を公開(または保存)するだけです。

無料ダウンロード

VK Link Target ControllerはWordPress.orgGitHubで公開中です。

WordPress.orgから直接ダウンロードする

 WordPressの通常の使い方と少し違う振る舞いになってしまうので、使う機会が少ないかもしれませんが、必要であればぜひご利用ください。

注意点

※ 「別ウィンドウで開く」のチェックは、htmlで各投稿に id=”post-(投稿id)” が入っていないと同じウィンドウで開きます。
※ 1.5.3以前のBizVektorでは id=”post-(投稿id)” は設定していないので別ウィンドウでは開きません。1.6.0以降をご利用ください。

この記事を書いた人

セガール ドロテウェブデベロッパー
フランスからやって参りました、セガール ドロテです。
WordPress好きの開発者です。デザインやUXからSEOやマーケティング戦略まで、WEBに関することなら幅広く興味を持っております。

PHP以外の言語も学ぼうと、スキルを膨らませたい願望が強くて、プロとしてできるだけクオリティの高いものを届けようと、こだわりも強い人間です。とはいえ、会社もプライベートもそれほど堅い性格ではないので、よろしくお付き合いください。

スポンサーリンク