BizVektor(ビズベクトル)は管理画面からの情報を入力だけでサイトが完成する日本のビジネス向け無料WordPressテーマ(テンプレート)です。

Works Unit

Works Unit

機能紹介

「BizVektor Works Unit」は無料WordPressテンプレート「BizVektor」用のプラグインです。
皆様からの要望の強かった、制作実積や施工事例を表示させるための機能を、簡単に追加実装出来るプラグインです。
BizVektorの全てのデザインスキンで利用可能で、もちろんレスポンシブなのでタブレットやスマートフォン対応です。
表示させたい項目やカテゴリーなどを独自に追加することも出来ますので、お客様のビジネスに合わせてご利用いただく事が可能です。

※ 画面は開発中のものにつき、実際の画面とは一部異なります。

一覧ページでの表示例

一覧ページでの表示例

 

詳細ページでの表示例

詳細ページでの表示例

 

BizVektor Works Unitの使い方

  1. ダウンロードしたファイルをWordPressのプラグインフォルダにアップロードしていただくか、管理画面の「プラグイン」→「新規追加」→ プラグインのアップロード よりzipファイルをアップロードします。
  2. 管理画面の「プラグイン」より「BizVektor Works Unit」の有効化をクリックします。
  3. 有効化すると「設定」→「Works Unit」より設定画面に移動し、基本設定をして機能を有効化する事が出来ます。
  4. 有効化した後、必ず「設定」→「パーマリンクの設定」を一度保存してください。

表示項目を追加して、あらゆるビジネスに適用させる

表示項目は、初期状態では「URL」「時期」の表示が可能ですが、「クライアント」や「施工先」、「作品名」や「型番」など独自の項目を追加(複数追加可能)することで、詳しく実積を紹介することが可能です。

項目設定の画面

項目設定の画面

また、追加した項目は一覧ページで表示・非表示にするのかを切り替える事も可能ですので、一覧ページでは情報をスッキリと簡潔に伝え、詳細ページでは詳しく伝えるというメリハリ感を出す事も可能です。

基本設定の画面

基本設定の画面

カテゴリーを追加して、情報を分類する

例えば、内装工事の実積であれば「施工カテゴリー(一般住宅・飲食店・美容院・事務所)」や「施工エリア(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)」など、ウェブ制作会社の実積であれば「実積カテゴリー(製造業・美容関連・飲食店・不動産)」などが考えられますが、独自のカテゴリーを追加して情報を分類(カテゴリーごとに一覧表示可能)することが可能です。

カテゴリー項目の画面

カテゴリー項目の画面

メイン画像の登録モードを切り替えて比較表示する

実積を登録する際に、メイン画像を登録することが可能となっておりますが、その際に「Before-After Mode」をクリックすることで、画像を2枚登録する事が可能になります。

施工前-施工後など、画像を比較してより訴求をしたいようなケースで、非常に有効な機能となっております。

Before-After Mode での表示画面

Normal Mode での表示画面

 

Before-After Mode での表示画面

Before-After Mode での表示画面

WorksUnit 設定画面

WorksUnit 設定画面

 

仕様

  • WordPress 4.0 以降
  • 対応ブラウザ IE10〜 、GoogleChrome、Safari 最新版

更新履歴と対応バージョン

リリース日 バージョン 対応するBizVektor 変更点など
 2015.2.15  1.0.0  1.6.0以降  初版リリース

※公式ディレクトリで配布されている BizVektor Global Edition では利用できません。本サイトで配布中の通常版をご利用下さい。

販売価格・ご購入

ライセンス GPL v2
※一度のご購入で複数のサイトにご利用いただけます。
14,800円(税込)

Works Unit の購入はこちら(DLmarket)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
mautic is open source marketing automation