BizVektor(ビズベクトル)は管理画面からの情報を入力だけでサイトが完成する日本のビジネス向け無料WordPressテーマ(テンプレート)です。

Original Brand Unit

BizVektorの名称を独自のブランド名にして同じ機能を提供!

制作会社様などがBizVektorを使ってウェブサイトを構築しつつ、自社ブランド名に変更して納品する事を可能にするプラグインです。

機能紹介

“BizVektor”という表記を自社のブランド名に

BizVektor Original Brand Unit (以下 OB Unit) プラグインを有効化すると、「設定」メニューの中に「BV SYSTEM SETTING」という項目が追加されます。
この設定画面より、ブランド名を入力する事により、管理画面中の”BizVektor”の表記が全て自社ブランド名に変わります。

obu_name

管理画面メニューの『外観』の表記も自社ブランド名に

obu_menu_label

ブランドロゴと説明を設定する事も可能

obu_logo_and_description

『編集者』でもテーマオプションを変更可能

通常WordPressのテーマオプションやメニューの設定は、ユーザー権限が『管理者』でないと変更できません。
しかし、クライアントのユーザー権限を『管理者』にすると、テーマやプラグインを変更されたりして、トラブルの元になってしまいます。
ところが、クライアントの権限が『編集者』では、テーマオプションの各種項目やメニューの設定、ウィジェットの設定などが出来ないため、豊富な管理機能を活かせない状態になってしまいます。OB Unit では、設定画面で、『テーマオプションの編集権限』にチェックを入れると、ユーザー権限が『編集者』でも、テーマオプション画面をはじめ、メニュー設定やウィジェットを編集する事が出来るようになります。

obu_theme_options_edit

BizVektorのテーマ情報や他のテーマは表示されません

通常、編集者権限のユーザーにテーマオプションの編集権限を与えると、「外観」メニューから一瞬ですが、インストールされているテーマの一覧が表示され、その後今適用されているテーマ、つまりBizVektorの情報が表示されますが、OB Unit が有効化されていると、設定画面で登録したシステム名及び説明文が表示されます。

obu_theme_select_hidden

BizVektorからのお知らせではなく独自のお知らせを表示

BizVektorからのお知らせが非表示に

通常のBizVektorではテーマオプション画面にBizVektorからのお知らせが表示されます。
しかし OB Unit を有効化すると、これらのお知らせが表示されなくなります。

obu_bv_info_hidden

独自のお知らせをテーマオプション画面に表示

BizVektorからのお知らせのかわりに、独自のお知らせをiframeで読み込んで表示するか、RSS情報を元に表示する事ができます。
iframeで表示したいページのURLまたは、表示させたいRSS情報を「BV SYSTEM SETTING」ページで登録すると、その情報がテーマオプション画面に表示されます。

obu_original_info

ダッシュボードにも独自のお知らせを表示

テーマオプション画面で表示するように設定したお知らせは、ダッシュボードにも表示されます。
また、BizVektor 1.2.0 からダッシュボードに表示される BizVektorからのお知らせ は、OB Unit 有効時には非表示になります。

フッターのコピーライトも独自に変更可能

通常のBizVektorでフッターに表示される「Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.」という文言も、独自のものに差し替える事ができます。

obu_footer_poered

重要な注意事項

  • エンドクライアントのユーザー権限は『編集者』あるいはマルチサイトでの運用(本プラグインをネットワークで有効化)を想定しています。
  • あくまでプラグインですので、プラグインが停止すると名称の変更は解除されます。
  • 元のテーマファイルはBizVektorですので、テーマのソースコードを見ればBizVektorである事は一目瞭然です。
  • 本プラグインは名称などを変更するためのプラグインであり、BizVektor本体に対するサポートは含んでおりません。
  • BizVektorはBizVektorで宣伝を強化していく予定ですので、クライアント様から「これって中身はBizVektorですよね?」といつか言われる可能性は否定できません。
    その際は「サポートや拡張デザインスキンをセットにした独自のサービスである」などと言って乗り切ってください。

更新履歴と対応バージョン

バージョン 対応するBizVektorのバージョン 変更点など
1.1.0 1.1.3 〜 最新版
機能追加
  • 管理画面のテーマオプション画面で表示されるお知らせがダッシュボードにも表示されるようになりました。
  • BizVekor本体の 1.2.0 から、ダッシュドードにBizVektorからのお知らせが表示されるようになりましたが、それらを非表示にする機能を追加しました。
1.0.0 1.1.4
1.1.3
初版リリース

※公式ディレクトリで配布されている BizVektor Global Edition では利用できません。本サイトで配布中の通常版をご利用下さい。

販売価格・ご購入

ライセンス GPL v2
※一度のご購入で複数のサイトにご利用いただけます。
34,800円(税込)
※販売状況によって予告なく価格改訂(値上げ)又は販売を停止する事があります。

Original Bland Unit の購入はこちら(DLmarket)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
mautic is open source marketing automation