BizVektor(ビズベクトル)は管理画面からの情報を入力だけでサイトが完成する日本のビジネス向け無料WordPressテーマ(テンプレート)です。

facebookページとしての利用方法

当ページの情報は古い可能性がございます。
掲載されている画面情報と現在の画面は所々違いがございますので、その点をご理解いただいた上で情報を参照していただけますよう、よろしくお願い致します。

ここではfacebookページにBizVektorを組み込む方法を解説します。

BizVektorは表示する横幅に合わせてレイアウトを変更するレスポンシブウェブデザインを採用していますので、facebookページに組み込んでも適切に表示されます。

ホームページ、スマートフォンページ、facebookページが一元管理で済んでしまった方が楽ですよね。

※既にfacebookページが作成済みである前提で、そのfacebookページに組み込む手順から説明させていただきます。

まずは「Static HTML Iframe Tab」に移動します。

『アプリへ移動』をクリック

『アプリへ移動』をクリック

  1. URLを選択
  2. facebookに埋め込むホームページのアドレスを入力します。
    高さに関してはページによってはかなり高くなる事が想定されるので、割り切ってスクロールバーを隠さずし800px程度の高さ設定で良いと思います。
  3. 左側のタブに表示される項目の名前を変更します。
  4. 保存します。

『View Tab』で確認します。

表示されました!

とは言え、これだと左のメニューで選択してくれた方しか見てくれないので、初めて訪れた方にはこのページが表示されるように設定します。

  1. facebookページの編集モードで、左側の「権限の管理」を選択
  2. 先ほど設定したBizVektorを埋め込んだ項目を選択
  3. 保存すれば完成です。

ちなみにたとえばBizBektorのダウンロードページのように、トップページ以外にもっと見て貰いたいページがある場合は、同じ手順でアプリを追加して、見せたいページのURLごとに設定するという使い方も出来ます。

それでは楽しいfacebookライフを!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
mautic is open source marketing automation