BizVektor(ビズベクトル)は管理画面からの情報を入力だけでサイトが完成する日本のビジネス向けWordPressテーマ(テンプレート)です。スマホ対応・SNS連携機能など多機能で無料です。

BizVektorテーマとは

  • HOME »
  • BizVektorテーマとは

BizVektorの機能・ポイント

柔軟性の高いデザイン

BizVektorの中でデザインパターン複数選べる!

通常のテーマのように、テーマに対して1つのデザインという形式ではなく、BizVektorテーマという1つのベースシステムがあり、その中でデザインを選ぶ方式である事が他のテーマとの大きな違いです。

初期状態では 「Default」「Calmly」「プレーン」の3種類が入っています。デザインはプラグインによって追加する事が出来ます。

BizVektor 無料WordPressテーマ トップページイメージ

Default

プレーン

プレーン

新デフォルトテーマ Calmly

Calmly

色の変更が簡単に変更出来ます。

「プレーン」以外は、テーマカスタマイザーよりキーカラーなど、所定の色を好きな色に変更する事が出来ます。

BizVektor 無料WordPressテーマ トップページイメージ

橙

紺

深緑

深緑

※『プレーン』は装飾をそぎ落としたデザインで、サイトのデザインを大幅にカスタマイズしたい際のベースとして用意しています。
※プレーンからのカスタマイズはCSSの知識が豊富なウェブ制作業者向けを想定しています。
※変更出来る箇所はデザインによって異なります。

スマートフォンにも対応!レスポンシブウェブデザイン。

スマートフォンで見た時には、見やすく、操作しやすいように自動的にレイアウトが変更されます。

BizVektor 無料WordPressテーマ トップページイメージ

PC版通常レイアウト

レスポンシブウェブデザイン 中サイズ

中サイズ

スマートフォンの場合

トップページの画像は写真をアップロードして変更可能。トリミングも行えます。

メイン画像

メイン画像

トリミングも出来ます。

トリミングも出来ます。

柔軟性が高くスタイリッシュなグローバルナビゲーション

ナビゲーション

柔軟性が高くスタイリッシュなナビゲーション

ヘッダーのグローバルナビゲーションのボタンは画像ではなくテキストになっているので、ボタン名称を変更した画像を作る必要はありません。
また項目は管理画面から変更・入れ替えが出来るので柔軟なメンテナンスが行えます。
更に、通常のテンプレートでは上記のようにわりとこじんまりとして左詰めであるものが殆どですが、BizBektorではボタン名に英語表記などのキャプションを付ける事が可能で、尚且つコンテンツの横幅にボタンの横幅を揃える事が出来ます。(横幅を揃える場合はボタンの数は4個~7個)

企業サイト向けの構成に最適化

パンくずリスト標準装備

今見ているページがどの階層なのかを示すパンくずリスト。企業ホームページではパンくずリストがあるものが殆どですが、WordPressのテンプレートではこれが無いものが大半を占めます。

パンくずリスト

パンくずリスト標準装備

ローカルナビゲーションも標準装備

  • 現在表示されているページが子ページを持つ場合はサイドバーには子ページの一覧を表示するローカルナビゲーションを自動的に表示。
  • ページ本文の下にも同様に子ページの一覧を表示する事によって、閲覧者がスムーズに次のページを見やすくなり、より多くの情報を閲覧者に見てもらいやすくしています。
ローカルナビゲーション

ローカルナビゲーション

ホームページのゴールの一つ「お問い合わせ」

ホームページを見て閲覧者にして欲しいアクションの一つ、“電話でのお問い合わせ”“メールでのお問い合わせ”。ビジネス用途でのホームページでは必須の要素ですが、従来のテンプレートでは付いていなかったり、テンプレートファイルを直接編集する必要がありました。
BizVektorでは管理画面から電話番号・お問い合わせ受付時間を設定すると自動的に反映されます。

お問い合わせボタン・連絡先

お問い合わせボタン・連絡先

ビジネス用ウェブサイトに適したトップページレイアウト

トップページレイアウト

ビジネス向け用途に適したレイアウト

  1. バナーや文章など自由に表示出来るフリーエリア(上記画面では未入力)
  2. トップページには、来訪者に見てもらいたいページをアピールする横3列のPRボックス。
    →フリー入力では一般の人には何を入れたらよいのかわかりにくく、キレイに配置するのば難しい。かといってトップページが新着情報のリスト表示だけでは寂しい。
  3. 新着情報のリスト
  4. サイト内ブログの新着情報の一覧を表示します。
    外部ブログを活用している場合はRSS情報を登録すると新着情報をインポートして表示します。
    (ブログを利用しない場合は表示されません。)
  5. facebookページへのリンクやtwitterのアカウントを設定すればバナーが自動的に表示もちろんバナーは未設定にしてウィジェットにソースを貼り付ければ好みの表示が出来ます。
  6. 各ページの下にtweetボタンやLikeボタンなどのソーシャルメディアボタンが設定出来ます。NEW!!
  7. お知らせやブログ記事にはfacebookコメント欄も表示させられます。NEW!!
  8. フッター左下には会社名(サイト名等)と会社住所(等)、フッター右側にはページの一覧を表示

その他自由に入力出来るエリアも備えています。

企業サイト制作に大いに役立つインデックステンプレート!

インデックス用テンプレート

企業サイト制作に大いに役立つインデックステンプレート!

従来は子ページのタイトルのリストが表示されるだけでしたが、新たに追加したインデックス用テンプレートでは、子ページのタイトル、抜粋、アイキャッチ画像を一つのブロックとして、自動で表示させる事が出来ます。
※アイキャッチ画像は、記事投稿・編集画面の右下から登録出来ます。

SEO対策・検索エンジン最適化

SEO、ソーシャルメディア連携を意識したheadタグの最適化

  • <head>のタイトルタグの最適化
    • トップページ・・・<title>サイト名</title>
      ※管理画面から任意のタイトルを設定する事が出来ます。
    • 中のページ ・・・<title>現在のページ名 | 親ページ名 | サイトタイトル</title>
    • お知らせ記事・・・<title>記事タイトル | カテゴリー名 | サイトタイトル</title>
  • ディスクリプション、キーワードを最適化
    • ディスクリプション・・・
      抜粋欄が入力されているとその内容が反映されます。
    • キーワード・・・
      サイト全体で設定したキーワードと、固定ページ、投稿ページのキーワード入力欄に入力した内容が反映されます。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

拡張テーマプラグイン

WordPressのサイト構築・カスタマイズならおまかせください

PR

いちばんやさしい WordPress の教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方
  • facebook
  • twitter
PAGETOP